メンバ

経験豊かなビジネスパーソンとテクニカルパーソンが一堂に会して価値創造を支援します

尾崎 弘之

神戸大学大学院科学技術イノベーション研究科教授。野村證券、モルガン・スタンレー証券、ゴールドマン・サックス投信執行役員を経て、バイオ、環境エネルギーなど複数ベンチャー企業の立ち上げに関わる。2005年より東京工科大学教授、2016年4月より現職。文部科学省核融合科学技術委員会、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)大学発新産業創出プログラム(START)、環境省、経済産業省、神戸市、沖縄県などの委員を務める。東京大学法学部卒業、米国ニューヨーク大学MBA、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科博士後期課程修了 博士(学術)

中谷 登志男

リサーチ・マネジメントのメンタリングおよびコンサルテーションに従事。
IBM東京基礎研究所にて、Java JITコンパイラなど、数々の先進システムソフトウェア・プロジェクトをリードし、多くの優れた研究者を育成・輩出する。その成果により、2000年にIBM Distinguished Engineer、2007年にACM Distinguished Engineer、にそれぞれ認定される。

1987年 米国プリンストン大学 大学院卒 (Ph.D. in Computer Science)

米持 幸寿

音声対話技術ベンチャー Pandrbox代表。音声対話インターフェース専門のITシステム試作、開発企画・指揮などをサービスとして提供中。
群馬工業高等専門学校機械工学科卒業後、日本アイ・ビー・エム入社、ソフトウェアエンジニアとして製品サポート、マーケティング、システム開発支援、研究員として基礎研究などに従事。北海道大学、静岡大学、筑波大学などで講師経験。「クラウドを実現する技術」「基礎からわかるSOA」「Javaでなぜつくるのか」など著書多数。2012年から国立はこだて未来大学講師。2015年ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン入社、リエンジニアリング部門長・研究戦略室長。2020年より現職。第二種電気工事士、3級知的財産管理技能士。情報処理学会、人工知能学会、言語処理学会 各会員

田胡 和哉

東京工科大学コンピュータサイエンス学部教授。筑波大学助手、東京大学工学部助手、IBM基礎研究所を経て現職。大学では、オペレーティングシステム研究に従事。IBMでは、全世界を対象とした製品企画提案に従事。本学では真の実学の実現を目標とする。IoT,クラウド技術開発に携わり、世界的にも最初期のAndroid携帯端末を2007年中に開発。一方、本学メディアセンター長として大学DXを主導。全国で最も早い時期にフルクラウド化を達成。IBM,マイクロソフト等と連携し、価値創造研修の方法を創成するとともに、15年以上大学教程として実施。その間に、多数の高度Webエンジニアを育成。これと並行して、現在は、コネクテッドロボットをはじめとするIoTシステム基盤技術の研究開発に従事。筑波大学博士後期課程修了 工学博士